BLOG
ブログ

2019.01.24

CentOS6.10 にjava1.7.0+tomcat7をインストール

CentOS6 で Tomcat7 を使う場合は EPEL リポジトリの登録が必要です。
EPELリポジトリは MySQL5.1をインストールするときに設定しています。
CentOS6.10にMySQL5.1のインストール

 

(1)java1.7.0 SDKをインストール

 

(2)TOMCAT7のインストール

普通にそのまま実行しても「見つからない」とエラーになります。

Tomcat7 を yum でインストールするには事前に EPEL リポジトリの登録が必要となります。

 

(3)管理コンソールのインストール

管理コンソール画面にアクセスするための設定を追加します。
/etc/tomcat/tomcat-users.xml をテキストエディタで編集し、以下の3行を追加します:

 

(4)tomcat の再起動について

インストール後は “tomcat” というサービス名で起動したり、
再起動したり、自動実行指定ができます。

管理コンソール画面ごとインストールした場合は、http://(IPアドレス:8080)/manager/html で管理画面にアクセスできます。
Basic 認証でユーザー名とパスワード(上記設定の場合であれば admin と P@ssw0rd)を
指定してログインできます。

 

(5)ファイアウォールにtomcat のポートを開放

「iptables」で8080番ポートを開放
Tomcatのデフォルトのポート番号は「8080」。

以下のファイルに以下のルールを追加

ファイアウォール再起動

 

(6)TOMCATのディレクトリ

以下のPATHに作成した warファイルを設置する

 

実体は以下に設置される。