BLOG
ブログ

2019.04.09

[STS3.9.2]Spring BootでWEBアプリ作成(在庫管理システム) – その1

今回は、spring bootを使ってWEBアプリの作成をしたいと思います。 作るものは本の在庫管理システムです。メインの画面で本の検索をし、出力されたデータから詳細や注文、納品情報ページに移動できるものを目指します。

 

STSを使用しバージョンは3.9.2で、gradleでビルドをしています。

プロジェクトの作成

プロジェクト名はStockAppとします。

build.gradleの修正

以下がプロジェクト作成時に自動的に作成されたファイルです。

ここのdependenciesの箇所に以下の4行をつけたし必要なライブラリを取り込むようにします。

 

テンプレートの作成

画面表示であるView部分を以下の通り作成します。

エンティティクラスの作成

以下のようにエンティティを実装します。getterとsetterは省略してあります アノテーションの詳細については以下を参照ください。

Spring Bootによるデータベースアクセス

 

 

リポジトリの作成

まずは登録してあるレコードを全て表示するところから始めたいので、データベースアクセスのメソッドを何も作らずにリポジトリを作成します。

 

 

コントローラーの作成

コントローラーではGETリクエストがあった際に登録済みのデータべースを全表示するようにします。 また、ダミーデータを@PostConstructで初期値として登録されるようにしておきます。

 

 

 

ここまできたらビルドして実行してみましょう。 以下のように表示されれば正常に動いているでしょう。 この時点ではPOSTリクエストによる処理をかいていないためフォームを入力し、検索するとエラーになります。 次回は、この検索部分の実装をしていきたいと思います。