BLOG
ブログ

2019.03.14

ExcelVBAを使用してAdobe InDesign CC2019を操作する

こんにちは、トランソニックソフトウェア亀井です。

ExcelVBAを使用してインデザインを操作する際に覚えておくと使えるものを紹介します。

インデザインを起動

 

インデザインをファイルを開く

 

テキストフレーム内のテーブルを選択

 

セルスタイルを反映

 

段落スタイルを反映

 

スウォッチのカラーを背景色に反映

 

上記のものはあらかじめインデザイン側でテキストフレーム内にテーブル、 段落スタイル、セルスタイル、スウォッチを設定しておく必要があります。

CreateObjectはAdobe製品のバージョンによって””内の書き方が 変わってくる場合があるようなので注意が必要です(上記はCC2019で動作しました)。

またグラデーションなどに好きな角度をつけたい場合は自動化ができないので どこまでを自動でやってどこまでを手動でやるかの判断が難しいですね。